耳鳴りの原因と治療法

耳鳴りの薬による治療

耳鳴りの薬による治療ですが、耳鳴りを完全に治癒できる薬は今のところありません。
しかし、耳鳴りの原因と考えられる病の治療や、耳鳴りの症状をやわらげることはできます。

耳鳴り 薬エントリー一覧

代謝改善剤
内耳・中枢神経の活動を回復させるアデノシン三リン酸二ナトリウム(ATP)脳、内耳、心臓、胃などいろいろな臓器の血流量を増やし、エネルギー代謝を活発にします。メニエール病など、めまいや耳鳴りを伴う内耳障害に対して処方されますが、頭部外傷後遺症による頭痛や頭重感、めまいにも効果が期待できます。ユビデカレノン心臓の収縮力を高めることによって、血液循環を活発にします。軽度の心疾患が原因での、動悸、息切れ、むくみの症状に用いられます。
環境改善剤
内耳の循環改善により機能回復させるストミンA内耳の環境血流量を増加および、騒音刺激による内耳電解質変動に対しての予防効果。内耳および中枢障害による耳鳴りの緩和治療に用いられます。塩酸ジフェニドール椎骨動脈の血流をよくし、前庭神経の興奮を鎮めて、めまいを抑えます。内耳障害に基づくめまいの治療に用いられます。メシル酸ベタヒスチン内耳の毛細血管の血流をよくします。メニエール病、メニエール症候群などに伴うめまい、めまい感の治療に用いられます。カリジノゲナーゼ末梢血管の血液の流れを良くし、循環障害を改善し...
ビタミン剤
ビタミンE老化防止、抗酸化作用があり、血液循環を促進する。ビタミンB12悪性貧血や動脈硬化を予防。末梢神経の傷の回復。精神を安定させる。
筋弛緩剤
顎関節症、頚部の筋肉の緊張による耳鳴りや、肩こりからの耳鳴りに使われる。塩酸エペリゾン筋肉のこりをほぐし、痛みをやわらげる。筋肉を緊張させている神経の鎮静作用が有り、また、筋肉の血流も改善します。塩酸チザニジン筋肉のこりをほぐし、痛みをやわらげる。筋肉を緊張させている神経の鎮静作用が有り、また、筋肉の血流も改善します。
抗てんかん剤
脳の異常な興奮性を押さえるカルバマゼピン脳の神経の過剰な興奮を静め、てんかん発作を抑えます。鎮静作用により過剰な気分の高まりも抑えます。アレビアチン中枢神経に作用し、てんかんの発作を抑えます。
抗うつ剤
耳鳴りに伴う(惹き起こす)不安抑欝状態の改善ドグマチール脳内の神経伝達物質であるドーパミンの働きを抑えて精神状態を安定させる。胃粘膜の血流をよくして傷ついた胃粘膜の修復を助ける効果もある。トリプタノール脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンやセロトニンの量を増やし、脳神経の働きをよくします。意欲を高め、不安感をやわらげ、気分を楽にします。ルボックス脳内の神経伝達物質であるセロトニンの濃度を高め、脳神経の働きをよくします。精神活動を改善し、気分がよくなる。ルジオミール脳内の神経伝達物質であるノル...

失業給付金